近くの人がAED、効果明確=社会復帰率は2倍−不整脈患者で調査・京都大チーム(時事通信)

 心肺停止状態の急病人近くにいた一般の人が自動体外式除細動器(AED)で初めに救急処置した場合、駆け付けた救急隊が処置したケースと比べ、患者の社会復帰率が2倍を超えることが、京都大研究チームの調査で分かった。18日の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。
 研究チームは2005年から07年の3年間、医療機関以外で救急処置を受けた心肺停止状態の患者を対象に調査。致死性の高い不整脈のケースで、一般の人がAEDで救急処置をした462人のうち、1カ月後に後遺症がほとんどなく社会復帰した割合は31.6%。一方、最初に救急隊の処置を受けた患者約1万1700人で社会復帰したのは14.0%だった。
 研究グループは「電気ショックによる処置が1分早いと社会復帰が9%増加する。AEDを今後さらに増設し、設置場所を周知するといった一般の人が利用しやすい状況への改善が望まれる」としている。 

【関連ニュース】
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明
家族発症まで平均2.6日=新型インフルの家庭内感染
従来ワクチンが効果増強=新型インフル、小児も1回でOK-海外研究
痛風の主な原因遺伝子発見=変異で尿酸排出機能低下

暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)
<高リスク妊婦>ヘリ搬送が増加 全国で毎年100件超(毎日新聞)
来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」(医療介護CBニュース)
米軍下士官の女、聴取へ=当て逃げ事件−沖縄県警(時事通信)
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取−国分寺市路上遺棄の男性・警視庁(時事通信)
[PR]
by 11blgfyhf5 | 2010-03-25 10:56